​北欧デンマーク   の学びを自宅から!

北欧・デンマーク流のこどもたちとの関わり方を学び
目の前の子どもたちとのコミュニケーションを
アップデートしよう!

●2022年11月19日(土)開講!●
自然と子ども、そして大人と子どもの豊かな関係性を築く連続オンライン実践講座

本場の講師から
自然の中での保育を
​学びたい

北欧の保育・教育に
​関心がある

こどもたちとの関わりにおける
​学術的な背景が知りたい

明日の実践につながる
​アイディアが知りたい

全国の実践者たちと
​つながりたい

<本場デンマークの実践者・リッケ園長や全国の仲間から実践へのヒントを学ぼう>

「森のようちえんとデンマーク流保育対話型ワークショップ」は、Lilla Turenが北欧・デンマークで25年にわたり実践を重ねてきた森のようちえん「Bonsai」園長リッケさんと独自に開発した実践者向けの対話型ワークショップ講座です。

​約3ヶ月にわたり自然の中で学ぶ効果や背景にある理論、子どもとの関わり方の実践を体系的に学びつつ、みなさんの生活や実践の場に落としこむため、北欧らしい【対話スタイル】を取り入れて学びを深めていきます。

 

  • 森のようちえんや北欧の教育アプローチに興味はあるが、現場にどう取り入れられる?

  • 子どもたちが自分らしさを発揮し自信を持つことを、大人はどうサポートできる?

  • 子どもたちとの対話、具体的にどう進めたらいい?


リッケさんや同じチャレンジに向き合う全国の仲間とともに学び、子どものwell-beingを高めるスキルや対話の実践力をあげていきませんか?

<復習のためのアーカイブ配信&日本語訳つきの講義資料も充実>

当日参加できなかった方や、もう一度復習したいという方のために講座終了後1週間の間のアーカイブ配信と、講義資料も日本語訳つきで配布。何度も復習して、自分の実践に役立てていきましょう!

<修了者にはBonsai Instituteによるコース履修証明書も発行>

3日間の全カリキュラムに参加された皆様に、Bonsai Institute認定のリッケ氏サイン入りコース履修証明書も発行。​ご自身のこれからのご活躍の際にご利用いただけます。

<こんな方におすすめ>

imgcheckbox.png

​子どもの個性やwell-beingを大事にする北欧の教育に関心がある方

imgcheckbox.png

保育や子育ての中に「自然」を取り入れることに関心のある方

imgcheckbox.png

上記に関心はあるが、実際にどう実践したらよいか迷っている方

imgcheckbox.png

このような環境づくりのために、日本で取り組んでいる仲間と出会いたい方

●過去にはこんな方にご参加いただきました!●

・森のようちえん運営者

・野外自主保育サークル運営者

・保育園/幼稚園の園長先生

​・保育士

・小学校教員
・インターナショナルスクール教員
・学童保育関係者
・教育関連企業の方

・研究者
・学生
​・保護者など

<ワークショップ講師>

リッケ・ローゼングレン氏
Rikke Rosengren

森のようちえん・シュタイナー幼児教育施設 Børneøen Bonsai(こども島ボンサイ)共同設立者・園長。

 

長年にわたり教育分野で国際的に活動しており、海外での講演や森のようちえんに関するオンラインコースも行っている。 自然の中での保育について記した著書「Child of Nature」はデンマーク語と英語が出版されており、2020年4月には日本語版『北欧の森のようちえん 自然が子どもを育む』 〜デンマーク・シュタイナー幼稚園の実践が出版された。 研究分野は幼児教育学、自然教育学、リーダーシップ論。知識・能力を研究する施設「ボンサイ研究所」の所長でもある。

cover-NBFtQtBsqAiiZlmWpjR1l1FHlY70hLX3.jpeg

森のようちえん こども島ボンサイ 
Børneøen Bonsai

コペンハーゲンの少し北にある森のそばにある茅葺き屋根の建物にある私立のルドルフ・シュタイナー保育施設。3歳未満児38名の保育園と、3~6歳の子ども約100名の幼稚園とで構成されている。

 

ボンサイは「森のようちえん」として1歳から6歳までの子ども全員が、毎日質の高い野外生活を送っており、自然の中での自由遊びと、お遊戯、おとぎ話の語り聞かせ、お絵かき・水彩などの芸術活動と、季節ごとの祝祭の準備が、日々織り交ぜて行われている。

 

「こども島ボンサイ」は、2000年にリッケとモーテン・ローセングレンによって設立された。「ボンサイ」という名前を選んだのは、それが日本語でよく手入れされた小さな木という意味だからで、盆栽と同じように、小さな子どもには愛情という栄養と、時間、そして発達のための適切な枠組みが必要という意味が込められている。

<学びが深まる3つのポイント>

1

学術的な
バックボーンのある
​カリキュラム

スカンジナビアの就学前教育、自然教育に関する理論、ルドルフ・シュタイナーなど理論的背景のあるカリキュラムをお届けします。

2

実際の園での様子を
​動画で視聴できる

「実際の園の様子が見たい」という声にお応えして、森のようちえんでの保育・教育の実際の様子を動画で見ながら理論のイメージを膨らませることができます。

3

学びを深める
​対話とホームワーク

一方的なレクチャーのみではなく、リフレクションや参加者同士の対話、自宅でのホームワークなどそれぞれの生活や実践の場に落とし込む仕掛けがあります。

<参加者の声>

“園での実践の動画や、
具体例とともに
理論を伺えたのが
大変勉強になった”

“話すのが苦手な私でも、
初対面の方とも
​スムーズに交流できた”

“自由のイメージが
​変化しました”

“さまざまな
キーワードが
​心に残った”

“みなさんと学べたことが
​とても嬉しく感じた”

“講師の先生、
参加者の皆様が
子供に向ける眼差しの
​暖かさに包まれる時間でした”

“子供との生活の中で
場面ごとにデンマークの
学びが思い出され
実践しています”

“自身の保育を
もう一度見直すことに
​しました”

<推薦コメント>

cover-SITu5FQKSYXcwhyURMMx97MXIKmsZezE.jpeg

中能孝則氏より
公財)社会教育協会日野社会教育センター元館長
NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟監事
「森のようちえん冒険学校 自然体験で生きる意欲と賢さを」著者

森のようちえんとデンマーク流保育 対話型ワークショップへのご参加を私もおすすめいたします。

私は1993年よりデンマークに学ぶ社会福祉研修を企画して、連続25年間デンマークに出かけて学ばせてもらう機会がありました。 デンマークの幼稚園は、普通の幼稚園、普通の幼稚園からから毎日森に出かけるところ、森の中に園舎があるところ、バスが園舎の幼稚園、園舎はなく指定の場所に集合するところなど、そのスタイルは様々です。
そこで、森の幼稚園と普通の幼稚園でのカリキュラムはどのように違うのか伺ったところ、「屋根があるか無いかの違いくらいで大して変わりませんよ」とのことで、子育てのカリキュラムに大きな違いがないことが分かりました。日本の子育ては何かこだわりすぎているような気もいたします。

25年の実践者・リッケ園長先生のお話は「自然が子どもを育む」を基軸に子ども時代にどのような生き方を体験させるか、そのために大人は何を学び、何を実践していけばよいかのヒントが沢山あるのではないでしょうか。ひとりでも多くの方に参加していただければ幸いです。

<講義カリキュラム>

<第3期スケジュール>

Day1: 2022年11月29日(土)
Day2: 2022年12月17日(土)
Day3: 2023年1月21日(土)

​各回 15:00〜19:00開催

【タイムテーブル(全日共通)】

15:00〜16:00 リッケさんによるレクチャー動画視聴(日本語字幕付き)+休憩 *
16:00〜17:00 チェックイン、参加者同士での対話セッション、ワーク、リフレクション等
17:00〜18:15 リッケさんとの感想シェア、対話セッション、Q&A(通訳あり)
18:15〜19:00 リッケさんとの交流会(通訳あり)**

* レクチャー動画は開催日の1週間前に視聴URLをお送りします。事前にご自身で視聴いただき、16:00からの参加も可能です。
​** リッケさんとの交流会は任意参加です。こちらに参加いただかなくてもコース履修証明書は発行されます。

<受講費用>

39,000円(早割11月3日まで 36,000円